2017/08/02

深く観る〜丁寧に暮らすということ

「丁寧に」と、子供のころから
よく言われてきました。
でも、
どのようにする事が丁寧なのか
ゆっくり時間をかけてすることなのか
きちんとハジからハジまでくまなくすることなのか…?
何もしなくても、時間は過ぎていきます。

丁寧とはココロを添えて
一つ一つを大切にするということ
こころとともに、今ここを生きること…

今ごろになって、笑
やっと少し解って来ました。
本質を深く観ることができれば
自然と丁寧になるということ。

私たちは意識しないと
いつも物質的なカタチや
感情的な表面だけをとらえて判断してしまいます。
キレイ、キタナイ
フルイ、アタラシイ
イル、イラナイ
ヨイ、ワルイ
タダシイ、マチガッテイル…

消費社会のなかでモノを買い、
まだ使えても、捨ててしまう
お金が無いと生きられない…

私たちが便利に使っている様々なもの
人間や機械が作り出したのではなく
もとはすべて自然。
例えば、
様々にカタチを替えて便利なプラスチック。
すぐに捨ててしまうものばかり。
でも深く観てみると
自然界が長い時間をかけて作ったことがわかります。
「百万年以上の長期間にわたって厚い土砂の堆積層に埋没した生物遺骸は、高温と高圧によって油母 (en:kerogen) という物質に変わり、次いで液体やガスの炭化水素へと変化す
る。これらは岩盤内の隙間を移動し、貯留層と呼ばれる砂岩や石灰岩など多孔質岩石に捕
捉されて、油田を形成する。この由来から、石炭とともに化石燃料とも呼ばれる。」
Wikipediaより

私たちはその歴史的な時間の長さを
便利という暗い眼鏡をかけて
まさに一瞬で使い尽くそうとしています。

様々な有り様をじっくりみてみると
こころの眼を覆っていた暗い色付きメガネは
徐々にハズレて光が差し込み始めます。

怖れていたこころは見間違いと見誤り…
Blind passion盲目の欲望
気づきとともにサットワの眩い光があたり
compassion 慈しみと愛へ
今まで見ていた世界とは違うものが見えて来ます。
とらわれていたのは自分自身。
生きとし生けるすべてが
自らが闇を照らす灯明となります。


2017/03/25

アトピー〜治癒への道

発症から約9ヶ月。
しばらくはなにが起こっているのか、
なにが原因なのか…
ほとんどわからないままの放置状態で3ヶ月。
でも、状態は悪くなる一方…
なんとなく、うすうす感じていた小麦。
グルテンの多い小麦を食べたことがきっかけで
小康状態だった痒みと腫れが一気に出たことで
小麦が主な原因と気づく。
それから5ヶ月。
パン屋さんに入っても、小麦を触っても
なんだか痒い!旦那に
「気のせい、精神的なものじゃないの〜」
そう言われても、痒いし辛い。
自分の身体で人体実験の日々。
なにを食べたら、どんな症状が出るのか
なにが食べられるのか…
小麦を摂らないことで徐々に症状は回復。

12月の臘八接心で丸三日半の断食
もう少し続けたら、完全に治る予感も!笑
というくらい、断食!とても効果がありました。

そして、お醤油に小麦が使われていた事にはたと気づき
小麦を使っていない物に変えて約3ヶ月。
症状はほとんどなくなるまでに。
「小麦」を摂らないことでかなり改善されたのですが、
お醤油という小さなカテゴリーが意外にも効果大。

お醤油のように製造過程で使われているものも含め
いままで以上に表示をしっかり見るようになりました。
その代わり、小麦製品をほとんど口にすることは無くなり
今まで以上にシンプルな食生活に。笑

長い間の蓄積によって起こった症状には
断食やパンチャカルマのような体内浄化法が効果的と感じました。
インドでパンチャカルマ(体内浄化法)を受けることで
消化器官を内側から手当した感じとなりました。
アーユルヴェーダ、パンチャカルマを生み出した
インドにこころから敬意を表します!

小麦がいかに私たちの食事と密接に関わって来たのか
考え、感じたよい時間をいただきました。
ご助言いただきましたみなさま、
ご心配いただいたみなさまに
こころから感謝申し上げます。
そして私の体験が少しでも、何かしら
どなたかのお役に立てたなら、うれしく思います。合掌

*今回のまとめ〜私の場合*

小麦を含むものをとにかく摂らないようにする。
なかでも醤油などの調味料に気をつける。
普通の醤油には小麦が含まれているので、
たまり醤油や小麦を使わない醤油など。
※オートミール(オーツ麦)、大麦は食べられる
小麦のグルテンが一番問題で、大豆のグルテンは問題ない。
必要以上に精製されたものにも注意。
白砂糖、養殖魚、不自然に作られたもの
一物全体、身土不二。
よく噛むことと感じること、マインドフルネス。
日常に溢れる小麦製品は、いつの間にか身体を蝕む。
内臓も腫れなど炎症を起こしている。
何らかのアレルギー症状(皮膚だけでなく、喘息、鼻炎など)
便秘、下痢、便が出ずらい、残便感がありスッキリしない。
便が細くなる…などの症状が見られる時は、
一旦小麦を摂らないようにして
一週間〜10日ほど様子を見てみましょう。
消化器官の健康がカラダもココロも元気にします♪
アトピーはさまざまな原因があります。
それぞれの状態や症状によって個人差がありますので
ここに書き留めたことが、全ての方に当てはまるということではありません。
ご自分やお子さんの症状と食べ物を注意深く観察されることをお勧めします。

2016/12/22

私はアトピー!②原因と食べ物

原因は…なに?
2016年の夏にうなじに出来たカサカサ。
1.今年はいつもより剃髪を頻繁にした
2.インドで虫下しの薬を飲んだ
3.インスタントコーヒーをよく飲んだ
インスタントコーヒーの毒性が首の後ろに出るときいたので、
最初は3が原因だと思って止めてみても一向に良くならず。
逆に広がりを見せる。
1は、剃髪する度に、うなじの辺りはカミソリ負けが起こるので、負担増に。
2の疑いが大きい…というのも、腸内環境(細菌、バクテリア)のバランスが乱れた感が大きい。いつもはなんでもない食事も、口内炎や食事後の息苦しさ、排便の乱れが見られることに。
私たちの免疫力は、バクテリアやウイルスなど100兆個の微細な生物たちによって維持されています。そのバランスが崩れれば、どこかに影響が出ることを実感。
特に大腸などの消化器官がカギ。
幸いなことに、内臓ではなく皮膚にでたことで、症状がわかりやすかったこと。
でも、もしかすると内臓の腫れなど以前から起きていたかも。

食品について人体実験のように探ってみる。笑
× 全くダメなもの   △少しなら大丈夫なもの  ◯大丈夫なもの

× 小麦、小麦製品、グルテン、ココナッツミルクや揚げ物など、油の多いもの
   ビール(麦芽・ホップのみのでもYE◯◯◯Uは特に×)
   砂糖(特に白砂糖)、脂ののった魚やゼラチン質の多いもの
   里いもなど粘り気の強いもの、バナナなど南国のねっとりした果物
   天茶、カモミール、チーズ、レトルトカレー(油が多い)科学調味料
△しょうゆ、季節の果物、干し柿、メープルシロップ、みりん、ナッツ類
    ごま油、菜種油、オリーブオイルなどオーガニックのもの
◯でんぷん質の少ないお米(インディカ米やササニシキなど)味噌、塩、梅干し、
 野菜、卵、白身の魚や鶏肉、クミン、ターメリックなど消化を助けるスパイス
 ぬか漬け(植物性醗酵食品)など。

食べ物による反応と症状
*小麦とグルテンは、カサカサと腫れ、かゆみ
*甘味は炎症とチクチクしたかゆみ
*油やゼラチン質の多い魚介類や養殖のもの
    ポツポツとした赤みとかゆみ。
    腕や脚など部分的に出ることが多い

手当

*10日〜2週間試して、回復が見られない時は一旦2-3日止めてから
    次の手当に移るようにしましょう。
    何もしないというのも、時には必要です。
入浴や温湿布、テルミー、ハーブボール、温熱器などの温熱療法は
かゆみを軽減させるのでおススメ。
消化器官、特に腸の働きを整える和漢薬(オウバク、ゲンノショウコ、ガジュツなど)
トリファラー(アーユルヴェーダのハーブ薬)
パンチャカルマ(アーユルヴェーダの体内浄化法)

断食
12月8日は、お釈迦さまが悟りを開かれた成道会。
12月1日〜7日までを臘八摂心といい、宗派によって断食や坐禅などをして、
シッダールタ(お釈迦さま)の苦行を思い、また、悟りを開かれた境地に少しでも近づくことができたら…という修行をします。
私は三日間のお断食。
三日目には、かゆみや炎症がかなり良くなると同時に
「このまま食べなくってもいいかも!」
「不食の秋山さんになっちゃう?」
    笑
でも、欲の中で食欲は強い!
結局、以前より食事量が減ったものの、食べ始めると少しかゆみが出てくることに。

まとめ
断食は確かに効果有り!!
糖質がいけないとか、油を摂った方がいいとか、
人によって違うので一概には言えないこと。
精製された食品と過度な品種改良やハイブリット種、GMO(遺伝子組み換え)
科学的なもの(化学調味料、農薬、化学肥料など)摂取するうちに、
消化器官にダメージを与える…など
いずれにしても、よく噛んで食べ過ぎないことが一番と結論!

症状はかなり改善されましたが、まだ完治までは少しかかりそうです。
いつ、この病の種が発芽し育ったのか解りませんが
アーユルヴェーダでは
「あなたのスカーフが取り除かれても気付かないくらいゆっくり治しなさい」
「発病するのにかかった時間だけ、完治にかかる」
といわれています。
あせらず、ゆっくり治すことも大事ですね。

この体験が少しでもみなさまのお役に立てたら、うれしく思います。
合掌。

2016/11/25

私はアトピー! ①

今年の6月くらいから、
うなじ…ちょうど髪の生え際くらいに
十円玉くらいの、何かカサカサする部分を発見!
昨年暮れ〜インド以降、インスタントコーヒーをよく飲んでいたので
その毒性が出てきたのかと、インスタントコーヒーをやめてみました。
以前から剃髪すると、時々かゆみを感じることがあったものの
あまり気にせず…笑

インスタントコーヒーをやめてみたのですが
一向に良くなる気配はなく、それどころか広がりをみせ
9月には、さらなる痒みとカサカサが酷くなるばかり!
ずっと塗っていたキハダクリームは効き目がないどころか
出ようとしていた症状を抑え込むことになっていたような…

とりあえず、砂糖と小麦、グルテンを控え
何も塗らず症状を見つめ、出させる!ことに。
なんとなく落ち着いてきた10月下旬
みんなでほうとうを、かまどで作ることに。
つい、ほうとうを美味しくいただいてしまったワタシ
翌日にはそのグルテンの逆襲にヤラレました‼︎
皮膚はぼこぼこ、カサカサに腫れかゆみも出て
このまま一生のお付き合いなのかと
受け入れてはみたものの…

でも、これでアレルギー物質は特定できたので
とにかく何を食べるとどんな症状が出るのか
人体実験を始めました。
食べ物は
お餅、チーズ、チョコレート、おせんべい、お魚
豚肉、鶏肉、牛乳、揚げ物、ハーブティ…
温熱療法とアーユルヴェーダの薬用オイル
トリファラー(アーユルヴェーダの自然薬)
ターメリックギー(ターメリックの成分を抽出し、
精製バターのギー溶かし込んだもの)などなど

自分はアトピーとは縁がないと思っていましたが
よく考えてみると、3歳くらいの時には
卵など一定のタンパク質に反応する蕁麻疹と
小児喘息を持っていたのです!
今で言う、アトピーです。
母がすぐ近くにあるお医者さんに
「もう来なくても大丈夫」と言われるまで通ってくれたお陰で
約50年もの間、蕁麻疹と喘息に苦しむことはありませんでした。
なんという、ありがたさ!
今は亡き両親への感謝を深くした出来事となりました。

特定食品と症状、治療法については次回お伝えします〜♪
感謝、合掌





2016/06/18

台所薬局普及会立ち上げます!

いよいよ台所薬局(キッチンファーマシー)普及のために
さまざまな活動をさせていただく時が来たようです。

…自然界すべてのものが薬となる…

すべては私たちの身近に用意され、満たされています。
足りないものは何一つありません。

『台所薬局普及会』
どなたでも普及会にご参加いただけます!

ディスカッションや共有していくこと
◇家に伝わる伝統の知恵
◆やってみたら改善されたこと
◇実践していること    など
実際に活用している事やぜひやってみたい事など
生活や自然界に密着していることを基本に
ともにチャレンジし学んで行きましょう。

会費も登録もありませんが、Facebook Messenger を使って
みなさんと知恵の共有などしていきたいと思います。
Facebook をされていない方はメーリングリストを使って
ご意見、ご提案などをお願いいたします♪
会員も自由参加。
興味をもたれ、やってみたい!参加してみたい!と思ったら、
それで会員となります。
先ずは、近くの同じような想いの人と繋がっていきましょう♪

生きとしいけるすべての、健康と幸福を願って…。
感謝、合掌。

2015/07/20

無常

日本の平和が、憲法が危うい。
国会に祈念に行った。
地元の平和集会にも何度も参加した。

何一つ変化しないものは無いし
永遠に続くこともない。
無常。

日本の平和も永遠には続かない。
でも、
今できることをする
それが、カルマヨーガでありすなわちダルマ。
非暴力、不服従。
生きとし生けるすべてのこころが
平和でありますように。

平和への答えはNOということや
反対!と叫ぶことではなく

本来の自分に気づくこと。
सत् धर्म Sat Dharma 

正き道を指し示し
明るく照らし出すのが祈り

合掌。

If time is now , we have to do something
keep on by Ahimsa.
there is Karma also Dharma.
I wish , I want to make Shanti on all people's Heart .
This is Dharma and Karma.
ॐ शान्तिः शान्तिः शान्तिः

2015/07/08

ネパール大震災ご支援ありがとうございます!

アーユルヴェーダプログラムやCooking Yogaなどの勉強会で
みなさまにご支援いただきました、ネパール大震災のご支援を
安曇野のNGOカトマンドゥの安倍先生、日本山妙法寺ルンビニ道場へ
お渡しすることが出来ました。ありがとうございました!

そのカトマンドゥの安倍先生が6月28日ネパールに出発されました。
地震後、現地でさまざまな活動を支援して来られました。
トリスリ付近の村はほぼ壊滅だとのことですが、
先生たちの植林によって、
マンゴーなどの木の実が食料となり、
貯水タンクが壊れずに残ったので
飲み水の供給が出来たことも、
多くの命を支えた事と思います。
そして、多くの木は住宅の資材として
活用されるとの事です。

アショカ王の五本の木。
燃料になる木、家を建てる木、
実がなる木、薬になる木、花の咲く木。
木だけではなく、植物や虫など自然界の
さまざまな営みは確実に
私たちの命を支えているのだという事。
お陰さまの
有り難さ
衆生本来仏なり
浄土すなわち仏国土
先生が帰って来られたら、
時期を見て報告会をしていただこうと思っています。
http://nkathmandu.exblog.jp/page/1/

感謝、合掌。